眼の疲れは目の下のクマやたるみを引き起こす

最近、目を酷使することが多く目の下のクマやたるみが気になるので・・・。

昔はテレビ、今の時代は、スマホやパソコンが普及した関係で、目が疲れたり眼精疲労を引き起こしたりするケースが増えて来ているようです。目を酷使する生活が続いてしまうと、それによる体調の悪化にも繋がってしまいます。

目を酷使する時間を減らすことも一つの方法です。仕事で目を酷使する場合は、定期的に目を休める時間を設けることが必要です。

パソコン作業は1時間に10分程度目を休めるようにしたいものです。そこまでの休憩が難しいようならば、作業の途中で軽いストレッチを行うのも効果があります。

首や肩など、座ったままできるストレッチもいろいろあります。ずっと同じ姿勢で目を酷使し続けるよりも、こまめにストレッチなどで動かしたり休んだ方が、作業効果が上がりやすくなるようです。

また、最近は利用している人が多いですが、目に効果のあるサプリメントなどを利用する方法もあります。特に目に良いと人気があるのはブルーベリーです。ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分の効果が、非常に目に良いとされ、目の健康維持に欠かせないと言われています。

効果は個人差があるので、試してみて自分に合う方法を選ぶようにすると良いでしょう。普段から目を酷使しやすい人は、意識して体を動かすようにすることも大切です。

通勤や昼休みなどを利用して体を動かすようにすることで、血行が良くなり、新陳代謝を上げることができます。また、目を使わないで良い時間はなるべく目を休めるような生活を送るようにしましょう。

自然を見たりすることも目に良い効果があります。ただし、太陽光など目に強い刺激がある場合は、UV効果のあるサングラスなどを利用し、目の疲労を減らす工夫をしたいものです。

また、ドライアイなど目が乾いてくると、目が痛くなり、不快感が増えてきます。適度に目薬をさすなどして、目の乾燥を防ぎましょう。

睡眠不足や夜更かしが続くと、目の下のたるみやクマができやすくなります。早起きを心がけても、遅寝では睡眠不足になってしまい、目のためにも良くありません。

早起きを意識する前に、まずは早く寝ることを徹底するとよいと思われます。そうすれば、自然に早起きしていたという風になると思います。

体のバランスが崩れると、目にも悪影響を与えてしまうので気をつけたいものです。