メイク崩れが心配な人はメイクポーチが重い

私は元々がいわゆる醤油顔なので、どんなメイクでも割と馴染みやすく、尚且つメイクの仕方によってだいぶ雰囲気も変わってくるので、服装に合わせてメイクを変えるのが毎朝の楽しみです。そして凝り性でもあるので、色んな事を追求出来るメイクが好きです。メイクをめんどくさいと言う女性もいますが、コンプレックスをごまかせる上に文字通り目に見えて変わっていく自分を実感出来るメイクという行為自体が好きです。

そんな私ですが、今はメイク直しは昼休憩の一度のみとしています。口紅は日常生活をしているとどうしても取れてしまうので頻繁に塗り直しますが、他のメイク自体はそんなに凝った直し方はしません。あぶらとり紙で余分な皮脂を取り、プレストパウダーでテカリの気になる部分をおさえるくらいです。昔は頻繁に直していましたが、スキンケアと朝のメイクをしっかりしていればそんなに直さなくていい事に気付いたので今はメイク直しよりも夜のスキンケアと朝のメイクをきっちりやるようにしています。お陰でメイクポーチも軽いです。

メイクポーチが重い人は、メイクの崩れが心配で色々なコスメを持ち歩いているのだと思いますが、ほぼほぼ使わない物が多いですよね。私も昔は心配で朝使ったものを全部ポーチの中に入れるくらいの勢いでしたが、やはりほぼほぼ使いませんでした。なので、ポーチの中身がぎっしり溢れかえっている人は一度その日のメイク直しで使わなかったものを全部出してみるのが一番いいと思います。そうしていると、必然的にメイク直しに使う最低限のコスメがわかると思います。私はそれの繰り返しで割とポーチの中身がスッキリしました。

と言っても、ほぼ同僚の受け売りです。私の同僚は荷物が少ないのですが、それでも何時も綺麗なメイクを保てています。どうしているのかと聞けば、最低限のものしか入れてないと言われました。プレストパウダーとリップくらいです。しかも、メイクが薄いのに細かく丁寧なのでとても綺麗に見え、私は同僚のメイクを参考にしています。

逆に真似したくないなと思ったのは、眉毛もリップも濃すぎて全体的に野暮ったくなっている若い女の子のメイクでした。最近多いですけど、流行りに乗ればいいってもんじゃないですよね。メイクは自分の顔にあったものをするべきだと私は思います。